お問い合わせ

>> TOP > 製品インデックス > リアルタイムシミュレータ(本体) > モータ信号発生器

モータ信号発生器

[DT-1053]

高精度・高速応答が可能な独立型モータシミュレータです。

 

概要

 

 モータ信号発生器(DT-1053)はPMSMモータの応答を再現するモータシミュレータです。

インバータ、モータの代わりとして、実物のモータコントローラを接続し、信号レベルでの評価をすることができます。

 

 

 

 モータの挙動を再現するためのシミュレーションモデルは、Windows用アプリケーション「Model Loader」を使用してモータ信号発生器へダウンロードされます。 

 シミュレーションモデルは、JSOL社の電磁界積ソフトウェアJMAG-Designer及びJMAG-Expressから生成されたJMAG-RTモデル使用することができます。

 

 

 

※ JMAG®は株式会社JSOLの登録商標です。

 

 

特徴

 

 モータのシミュレーション機能に特化したシミュレータです。

シンプルな操作で導入後、すぐにご利用頂けます。

 

【スペック】

FPGAによるハードウェア演算により、モータ電流応答、角度応答ともに2μsを実現。

32bit浮動小数点演算によりモータの挙動を高精度に再現します。

また、使用するモータモデルはJSOL社の電磁界解析ソフトウェアJMAGから生成された非線形応答モデルを使用可能です。

 

【コストパフォーマンス】

従来のMOTOR HILS(リアルタイムシミュレータをベースとしたシステム)と比較して1/5〜1/10程度(HILSの構成による)の費用で導入が可能です。

 

【操作性】

用途をモータシミュレーション機能に限定することにより、シンプルな操作性を実現。

従来のモータHILSに比べ、システム立ち上げ、運用にかかる工数を大幅に削減します。

 

【コンパクト】

本体のサイズは、260mm×190mm×84mmのコンパクトな筺体にモータシミュレーションに必要な機能を集約。

これまでインバータ、モータ、電源などを設置するスペースが必要だったコントローラ試験を机上で実施できます。

 

 

仕様

 

モータモデル: PMSMモータ(JMAG-RT 空間高調波モデル、LdLqモデル対応)

電流応答: 2μs 

角度応答: 2μs

演算精度: 32ビット浮動小数点

A/D:5ch (モータモデル負荷信号入力)

D/A:8ch (モータモデル演算結果出力)

DIO:PWM3相上下アーム入力

   エンコーダ、ホールIC出力

レゾルバ:レゾルバ模擬信号発生器(オプション製品)

 

 

 

 

 

 

篏
純
絨若
羆若
篁鐚宴若